fbpx

CL LAB

HOME > CL LAB > Chef > [和訳] ChefDK 0.3.6 リリース! #getchef

[和訳] ChefDK 0.3.6 リリース! #getchef

 ★ 26

本稿は ChefDK 0.3.6 Released! (2015/01/20) の和訳です。

シェフのみなさん、こんにちは。

本日ChefDK 0.3.6をリリースしました。このリリースは次の新要素群を含みます。

  • 独自のCookbookジェネレータがconfig.rbやknife.rbで設定できるように。
  • chef generateが新しいRecipeに対するChefSpecテストを生成するように。また、kitchen.yml生成時にServerspecテストを生成するように。
  • chef shell-initがPowershellをサポート。
  • Policyfile.lock.jsonを再構築するchef updateコマンドを追加。
  • Policyfile.lock.jsonで参照されているCookbookをエクスポートするchef exportコマンドを追加。
  • Policyfileプロビジョナを導入したTest Kitchen 1.3.1
  • Berkshelf 3.2.3
  • その他多数。すべての新要素は変更履歴を参照してください。

新しいリリースを取得できるようにダウンロードページを更新しました。このリリースを試してみて何か問題があればお知らせください

なお、これはChef 11を含んだChefDKの最終リリースになるでしょう。ChefDK 0.4.0はChef 12でリリース予定です。

変更履歴

  • ポリシーファイルでmetadata.jsonのみを含むCookbookのサポート。
  • ポリシーファイルDSLに名前つきrun listを追加。ただし、この機能はChef Clientがサポートするまで利用不可。
  • Cookbookジェネレータが任意の名前をつけられるように。--generator-cookbookの引数は、Cookbookジェネレータを含むディレクトリのパスではなく、Cookbookのパスになる。
  • 独自のCookbookジェネレータは、~/.chef/config.rbまたはknife.rbchefdk.generator_cookbookによって設定可能に。
  • Policyfile.rbの変更を反映してPolicyfile.lock.jsonを再構築し、バージョン制約に適合するようにCookbookを最新のバージョンに更新する、chef updateコマンドを追加。
  • chef exportコマンドを追加。このコマンドは、Policyfile.lock.jsonに参照されているすべてのCookbookとData Bag Itemとしてのロックファイルのコピーを含むディレクトリを作成する。このディレクトリはChef ZeroによってポリシーをNodeに適用するために用いられる。
  • policyfile_zero Test Kitchenプロビジョナを追加。このプロビジョナはChef Zeroを用いてポリシーファイルモードのchef-clientを収束する。
  • chef gem使用時にgemドキュメントをインストールしない。これによって、gemインストールを高速化。
  • chef shell-initがPowershellをサポート。
  • Berkshelfをバージョン3.2.3に更新。
  • Test Kitchenをバージョン1.3.1に更新。
  • Chefをバージョン11.18.0に更新。

CL LAB Mail Magazine

CL LABの情報を逃さずチェックしよう!

メールアドレスを登録すると記事が投稿されるとメールで通知します。

メールアドレス: 登録

※登録後メールに記載しているリンクをクリックして認証してください。

Related post

[無料ウェビナー] GitLab_CI/CDハンズオン_2023111