fbpx

CL LAB

HOME > Blog > lee > MongoDBのライセンスと機能の比較 2019 #mongodb

MongoDBのライセンスと機能の比較 2019 #mongodb

 ★ 0

MongoDBライセンスと機能の比較を作ってみました。MongoDBファミリが急成長していくなかで、ライセンス毎に出来る事と出来ない事が一目で分かる表が欲しかったことろです。特にMongoDB Atlasは、クラウドならでの新サービスが目立っています。

項目 MongoDB Atlas Premium Support MongoDB Atlas(Basic/Developer Support) Enterprise Advanced(Annual Subscription) Community Edition(Free)
License Commercial Commercial Commercial AGPLv3.0(~2018/10/15)/SSPL(2018/10/16~)
Package Enterprise Server Enterprise Server Enterprise Server Community Server
Replication Cluster(High Availability)
Sharding Cluster(Scalability)
Cross Region Cluster
Global Cluster
Mongo Shell
Mongo Query Language(MQL)
Role Based Database Access
mongodump
mongotop(モニタリングツール)
mongostat(モニタリングツール)
mongoimport/mongoexport
Potal Service Access Atlas Portal Atlas Portal Ops Manager
LDAP Authentication/Authorization
Encrypted Storage Engine
Auditing(監査ログ出力)
In-Memory Storage Engine(特定のノードをインメモリデータベース化)
MongoDB Compass(GUIのクライアントツール)
BI Connetor(各種BI製品との連携し、SQLアクセス)
Live Migration(サービス停止なしのマイグレーション)
Stitch(サーバサイドのモバイルアプリケーション開発フラットフォーム)
Mobile(Stitch SDKに内蔵されているキュートなMongoDB)
Trigger(AWS Lambdaのような機能)
Charts(MongoDB Atlasでチャートを作成するSDK)
DataLake(AWSのAthenaのような機能をMongoDB Queryで実行)
Kubernetes
Spark Connector
Support SLA/ Support Availability
On-Demand Training(MongoDBユニバーシティをオンデマンドで利用可能)

※凡例: 〇 利用できる  △利用できるが制約あり(要確認) ✖ 利用できない
 制約ありの箇所の理由は多岐にわたります。現時点でオフィシャルではなかったり、料金面で条件が付いていたりもします。
※正確さには気を付けているつもりですが、100%正しいと保証はしません。セルフレスポンシビリティでご利用下さい。

以下では、MongoDBサポート関連の情報をご紹介します。

MongoDB EA及びAtlasなどのサポートポリシー(SLA)

https://www.mongodb.com/support-policy

MongoDB Atlasの価格及びサポートについて

MongoDB Atlasのサポートは、サポートタイプ毎に価格や初期レスポンスのSLAが異なります。詳細は、下記のURLを参照して下さい。

MongoDB Atlas Pricing

MongoDB ソフトウェアファミリのバージョンによるサポート期限について

https://www.mongodb.com/support-policy

OSのバージョンの動作検証済みの一覧/Hardware EOL

https://docs.mongodb.com/manual/installation/

SSPL(Server Side Public License)について

MongoDB Community版を利用して公開サービスを運用しながらも、MongoDB Communityには全く還元しない企業を牽制するために作ったと言われています。

https://www.mongodb.com/licensing/server-side-public-license/faq

  • MongoDB Community版を利用し、何かしらの公開サービスを提供している企業はSSPLの要件を確認したほうが良いでしょう。

  • MongoDB Atlasを利用されるお客様は気にしなくても良いようです。

Author

lee

データベースが大好きなサーバサイドのエンジニア。Neo4j、MongoDBのテクニカルサポート、IoTビックデータ処理基盤のアーキテクトとして活動しています。

[著書]
グラフデータベースNeo4jの他
https://www.amazon.co.jp/李昌桓/e/B004LWEKOU

leeの記事一覧

leeへお問い合わせ

CL LAB Mail Magazine

CL LABの情報を逃さずチェックしよう!

メールアドレスを登録すると記事が投稿されるとメールで通知します。

メールアドレス: 登録

※登録後メールに記載しているリンクをクリックして認証してください。

Related post