fbpx

CL LAB

HOME > CL LAB > Bluemix > BluemixでInternet of Things Foundationを試す #bmxug

BluemixでInternet of Things Foundationを試す #bmxug

 ★ 24

先日第0回Bluemixユーザー会でLTをしてきました。その際に用いた資料はこちらですが、デモでお見せしたInternet of Things Foundationについてご紹介します。

その前に当日IoTを題材に講演された鈴木さんから後日教わったデモからご紹介しましょう。
Internet of Things (IoT) Solutions - IBM Bluemix

こちらのページ中部に"First..."とある部分から(ページが大きいので検索すると良いかもしれません)任意のデバイス名と4桁のデジットを入力できます。
Screen Shot 2015-03-30 at 20.45.59
その後表示されるURLにモバイルブラウザからアクセスし、前もって入力した4桁のデジットをここでも入力します。
Screen Shot 2015-03-30 at 20.47.33

Photo 3-31-15, 10 29 03
すると手持ちのモバイルデバイスから各種データが送信され、始めにデバイス名を入力したブラウザにグラフが表示されます。
Screen Shot 2015-03-31 at 10.33.56
モバイルデバイスを動かしてみるとグラフに反映されるのが分かると思います。

こちらと同様の仕組みを用いてNode-REDのInputとして用いたのが私のデモです。この場合はまずモバイルデバイスでphonesensor.mybluemix.netにアクセスします。
Photo 3-31-15, 10 37 19
すると即座にモバイルブラウザ上でセンサーデータが表示されますが、上部に"d:quickstart:phone-sensor:xxxxxxxxxxxx"と表示されます。この12桁の数字の部分をIBM Internet of Things FoundationのQuickstartページの左上"MAC Adress"欄に入力します。するとDashboardにセンサーデータがグラフ化されます。
Screen Shot 2015-03-31 at 10.40.58

ここまでは始めのデモとそう変わりませんが、ここで入力した12桁の数字はNode−RED in BluemixのInputとして利用できます。Node−REDのInput Nodeに"ibmiot"があるのでフローシートに配置します。
Screen Shot 2015-03-30 at 20.50.44
次にシートに配置したNodeをダブルクリックしてプロパティ編集します。"Authentication"で"Quickstart"を選択し、"Device Id"に先ほどの12桁の数字を入力します。
Screen Shot 2015-03-30 at 20.52.08
これでモバイルデバイスのデータをインプットに様々な処理が可能です。今回は簡単にデバイスの傾きが前後ある閾値を越えた場合にdebugタブにメッセージを出力します。
Screen Shot 2015-03-31 at 11.07.25
switch functionで条件分岐、function部分でメッセージ編集していますが、function部分は素のNode.jsで書けるので、複雑な処理をfunction内に書くことも可能です。

結果はこんな感じ。
Screen Shot 2015-03-31 at 11.07.37

実際のハードデバイスを用意せず、かつシミュレータよりもリアルにNode-RED上でInternet of Thingsを試すことが可能です。皆さんもお試しになられてはいかがでしょうか。

CL LAB Mail Magazine

CL LABの情報を逃さずチェックしよう!

メールアドレスを登録すると記事が投稿されるとメールで通知します。

メールアドレス: 登録

※登録後メールに記載しているリンクをクリックして認証してください。

Related post