fbpx

CL LAB

HOME > CL LAB > [2022年2月]KubernetesでService Meshを学ぶためのレーニングを開催します #kubernetes #k8s #servicemesh

[2022年2月]KubernetesでService Meshを学ぶためのレーニングを開催します #kubernetes #k8s #servicemesh

 ★ 0

New call-to-action

※本記事では、2022年2月・3月に実施する Kubernetesトレーニングのなかから、2月25日に開催される『上級 サービスメッシュ編』についてご紹介します。
その他トレーニングの開催状況は こちら からご覧ください。

2022年2月25日開催トレーニング  Kubernetes 上級 サービスメッシュ編

サービスメッシュについて学び、Kubernetes上でマイクロサービスアーキテクチャを実現するための座学及びハンズオン形式のトレーニングです。
Kubernetesの基本的なネットワーク機能を理解している開発者、クラスタ管理者向けに、マイクロサービスの基本的な概念からサービスメッシュを実現するソフトウェア・Istioの機能と使い方まで1日かけて学習します。
満席になり次第、受付終了となりますのでお早めにお申込みください。
※その他Kubernetesオンライントレーニングも随時開催しています。各コースの開催状況は こちら から

学習目標

  • サービスメッシュの仕組みやメリット・デメリットを理解し、どんなケースで導入すべきか・しないべきかの判断ができるようになり、所属する組織での技術的な意思決定に活かせるようになること
  • Istioの使用法を習得して典型的なユースケースでのデプロイや設定、運用ができるようになること
  • Istioの内部コンポーネントを理解してトラブルシューティング等ができるようになること

詳細

日時 2022年2月25日(金) 10:00~18:30 (延長の場合有)
形態 オンライン、ハンズオン
受講料 100,000円(税別)/名
申し込み期日 2022年2月9日(水)締め切り
お申込みは こちら から

対象者:

  • Istioの導入を検討している方
  • マイクロサービスアーキテクチャの導入を検討している方
  • サービスメッシュの仕組みを理解したいアプリケーション開発者

前提知識:

  • vimやemacsなどのコマンドラインエディタでのテキスト編集ができること。
  • Linux管理者として必要なスキルを保持していること。
  • Service、IngressなどKubernetes Networkのコア機能について知っていること。

前提知識に不安がある場合は、 Dockerトレーニング および kubernetesトレーニング 基礎編 の受講をご検討ください。

【2月・3月開催】関連トレーニング情報


クリエーションラインでは、Kubernetesの6つの領域でオンライントレーニングを実施します。
Kubernetes をこれから使い始める方や、既にKubernetesを使っており、各領域のより実践的な内容・仕組み・各エコシステムの内容などを知りたい方はぜひご検討ください。
各コースの開催状況は こちら から
※満席になり次第受付終了

CL LAB Mail Magazine

CL LABの情報を逃さずチェックしよう!

メールアドレスを登録すると記事が投稿されるとメールで通知します。

メールアドレス: 登録

※登録後メールに記載しているリンクをクリックして認証してください。

Related post

Neo4j[導入事例]UBS Case Study