fbpx

CL LAB

HOME > Blog > lee > SoftLayerのGlobal Server Load Balancing(3/3):GSLB編 #softlayer

SoftLayerのGlobal Server Load Balancing(3/3):GSLB編 #softlayer

 ★ 21

今回は、NetScalerのGlobal Server Load Balancing(GSLB:広域負荷分散、以下GSLB)の設定について解説します。GSLB On SoftLayerは、その内容の特性から「オーダ編、ローカルロードバランシング編、GSLB編」の3つに分けて記事化しています。他の記事については、最後の「関連記事」を参照して下さい。

GLSB設定

GLSB設定の手順

次はGSLB設定の概要です。

  • GSLB機能の有効化
  • MIP(Mapped IP)作成
  • Authoritative Domain Name Server(ADNS)作成
  • GSLB Site設定
  • GSLB Serviceの作成
  • GSLB Vserver作成

記事の内容はSan Joseの設定をベースにしていますが、基本的にGSLBに参加するすべてのNetScalerは同様な設定またはお互いにクロス設定をする必要があります。

GLSB機能の有効化

まず、「Configure advanced features」からGSLB機能を有効にします([NetScaler > System > Settings→Configure advanced features])。

Gslb-setting-1
Gslb-setting-2

MIP(Mapped IP)作成

MIPは、拠点間のNetScalerを結ぶパブリックIPアドレスです。

[NetScaler > System > Network >IPs > IPV4s]をクリックして下さい。

Gslb-setting-4

IP Address 50.xxx.xxx.248 オーダ時に取得したパブリックIPアドレス
Netmask 255.255.255.0
Ip Type Mappred IP

Authoritative Domain Name Server(ADNS)作成

次は、Authoritative Domain Name Server(ADNS)を作成します([NetScaler > Traffic Management > Load Balancing > Services])。

Gslb-setting-5

Service Name sj-adns-service San Jose Authoritative Domain Name Server(ADNS)
Protocol ADNS
Port 53

ADNSの作成を確認して下さい。

Gslb-setting-6

ADNSに対するさらに詳しい説明は、こちらを参照して下さい。

Configuring the NetScaler as an ADNS Server

ここまでの設定は、すべてのGSLB拠点に同様に行います。
ここからの設定は、GSLBに参加するNetScaler間でクロス設定を行います。

GSLB Site設定

GSLBのサイトは、GSLBの拠点間でクロス設定をします。

Gslb-setting-7

On San Jose Site On Hong Kong Site
sj-gslb-site LOCAL sj-gslb-site REMOTE
hk-gslb-site REMOTE hk-gslb-site LOCAL

※MEP(Metric Exchange Protocol)
※sj→San Jose
※hk→Hong Kong

この設定は、設定時のベースとなる拠点のNetScalerをLOCALとし、GSLB構成に参加するすべての相手のNetScalerをREMOTEと設定します。
例えば、San Joseの設定では、San JoseをLOCALとし、Hong KongはREMOTEと設定します。なお、Hong Kongの設定では、Hong KongをLOCALとし、San JoseはREMOTEと設定します。

[ローカルサイト設定]

ローカルサイト設定を行います( [NetScaler→Traffic Management→GSLB→GSLB Sites])。

Gslb-setting-8

Name sj-gslb-site San Jose GSLB Site
Type LOCAL San Joseでの設定なのでLOCALになります。
Site IP Address 50.xxx.xxx.248 MIP

[リモートサイト設定]

次は、ローカルサイト同様にリモートサイトの設定を行います。

Gslb-setting-9

Name hk-gslb-site San Joseからみたリモートサイト名称
Type REMOTE
Site IP Address 119.xxx.xxx.132 Hong KongのMIP

GSLBサイトを確認して下さい([Close])。Site Metric MEP Statusを見ると、LOCAL(San Jose)は「表示なし」で、REMOTE(Hong Kong)はまだHong Kong側の設定をしていないためにDownになっているはずです。

Gslb-setting-10

ここまで、Hong Kongにも同様な設定を行います。Hong Kongの設定が終ると、お互いの遠隔地のSite Metric MEP StatusがActiveになります。

GSLB Serviceの作成

GSLBのサービスも、GSLBの拠点間でクロス設定を行います。

San Jose Service Hong Kong Serivce
sj-gslb-service-local sj-gslb-site sj-http-vserver hk-gslb-service-local hk-gslb-site hk-http-vserver
sj-gslb-service-remote hk-gslb-site hk-http-vserver hk-gslb-service-remote sj-gslb-site sj-http-vserver

※sj→San Jose
※hk→Hong Kong

[ローカルGSLBサービス設定]

ローカルGSLBサービス設定を行います([NetScaler→Traffic Management→GSLB→GSLB Services])。

Gslb-setting-11

次のように入力し、仮想サーバ作成を行います([Create→はい(Y)])。

Service Name sj-gslb-service-local 任意の名称
Site Name sj-gslb-site 選択
Type IP Address
Virtual Server sj-http-vserver San JoseのVIP
Servar Name 50.xxx.xxx.249 自動表示
Server IP 50.xxx.xxx.249 自動表示

ローカルGSLBサービスを確認して下さい。

Gslb-setting-12

ここで[Close]する必要はありません。続けてリモートGSLBサービス設定を行います。

[リモートGSLBサービス設定]

リモートGSLBサービスの仮想サーバ作成は、ローカルGSLBサービス作成の完了状態で、続けて行います。

Gslb-setting-13

次のようにリモートGSLBサービスの名称とサイト情報を入力し、[New]をクリックします。

Service Name sj-gslb-service-remote 任意の名称
Site Name hk-gslb-site リモートサイト選択
Site Type REMOTE 自動表示
Type IP Address

続けて、リモートの仮想サーバ情報を入力し、[Create]をクリックして下さい。

Gslb-setting-14

Service Name hk-http-vserver リモートの仮想サーバ名称
IP Address 119.xxx.xxx.133 リモートのVIP(Honn KongのVIP)

リモートGSLBサービス作成の結果を確認して下さい。

Gslb-setting-15

GSLBサーバ作成の最終結果は次の通りです。

Gslb-setting-16

ここまでの設定は、リモート側(Hong Kong)にも同様に行います。

GSLB Vserver作成

最後にGSLB Vserver作成を行います([NetScaler>Traffic Management>GSLB>GSLB Virtual Servers])。

Gslb-setting-17

Name sj-gslb-vserver 任意の名称
DNS Record Type A Address
Service Type HTTP

Gslb-setting-18

Domain Name www.cl-lab.net 検証用のリアルドメインです。実際のドメイン名に置き換えて下さい。
TTL 5 Default
Ciijue Time-out(mins) 0 Default
Site Domain TTL(secs) 3600 Default

Gslb-setting-19

同様な設定をHong Kong側、つまりGSLBに参加するすべての拠点にも行います。

DNS設定

今回は、単純に外部のDNSを使ってSan JoseとHong Kongとの間で単なるDNSラウンドロビンを行っています。実運用ではGSLBの狙いに合わせてDNS設定が必要です。

www.cl-lab.net IN A 119.xxx.xxx.133
www.cl-lab.net IN A 50.xxx.xxx.249

マスタドメインへのアクセス検証

次のようにブラウザから接続し、リロードを繰り返して見て下さい。

Gslb-setting-21

Gslb-setting-22

思うように切り替えが確認できない場合、ブラウザを変更してみて下さい。

Gslb-setting-23

Gslb-setting-24

まとめ

今回はGSLBの基本的な設定方法の解説に注力し、NetScalerの多様なオプションやDNSベースの設定などについてはほとんど触れていません。ただ、太平洋を挟んで2つのデータセンター間の広域負荷分散のイメージが伝わっているならば幸いです。

GSLBはここまでの設定をベースに更なる拡張が可能です。今回触れていない「DNS設定編」などは今後補足していく予定です。

関連記事

参考文献

Author

lee

データベースが大好きなサーバサイドのエンジニア。IoTビックデータ分析基盤のアーキテクト。Neo4jやMongoDBのテクニカルサポートなど

[著書]
グラフデータベースNeo4jの他
https://www.amazon.co.jp/李昌桓/e/B004LWEKOU

leeの記事一覧

leeへお問い合わせ

CL LAB Mail Magazine

CL LABの情報を逃さずチェックしよう!

メールアドレスを登録すると記事が投稿されるとメールで通知します。

メールアドレス: 登録

※登録後メールに記載しているリンクをクリックして認証してください。

Related post