CL LAB

HOME > CL LAB > [和訳] 内部からの変革: Franklin American社におけるDocker EEによるイノベーションの推進 #docker

[和訳] 内部からの変革: Franklin American社におけるDocker EEによるイノベーションの推進 #docker

 ★ 3

本稿は Disruption from Within: Driving Innovation at Franklin American with Docker EE (2018/6/21) の和訳です。

不動産ローン会社といえば、ペーパーワークが頭に浮かぶことでしょう。まさか顧客に対してアジャイルでレスポンシブとは思わないでしょう。しかしFranklin American Mortgage社は、そういった固定観念を打ち崩そうとしました。同社はイノベーション、マイクロサービス、Docker Enterprise Edition (Docker EE)に投資することにより、同社のテクノロジーの中核を成功に導くためのプラットフォームをすばやく制作することを可能にしました。

Franklin American社のDevOpsリードのDon Bauer氏は、現状に挑戦するために昨年設立したイノベーションチームの一員です。Franklin American社は、Docker EE を基盤として、すばらしいことを行い、ビジネスを変革してきました。

Don氏はFranklin American社のイノベーション・バイスプレジデントであるSharon Frazier氏と共に、DockerCon 2018で発表しました。 可視化、単純化、標準化、実験 という4つの柱を中心に、DevOps文化を素早く構築することに成功しています。その中でも実験が鍵となります。それは彼らが恐れることなく素早く失敗することを可能にしています。

DockerConのインタビューで、Don氏はDocker EEを使ってイノベーションを推進する方法について説明しています。

「Dockerは、私たちが恐れず失敗することを可能にしてくれます。私たちは新しいことを簡単かつ迅速に試すことができ、もしうまくいったならば素晴らしいことです。しかし、そうでなくても、数週間や数か月かかることはありませんでした」
-- DevOps リード、Don Bauer氏

同社にとって、イノベーションは新しいテクノロジ以上のものです。それは顧客に関連する新しい何かを行うことです。チームが取り組んだ最初の課題は、同社の価格競争上の地位でした。住宅ローンの価格を設定し、固定するローンである「ロックエンジン」は、同社の競争力を維持する上で重要です。

Docker EEは、Franklin American社が会社の形を変える旅にすばやく移行できるように導きます。

私たちの最大の勝利は、1週間以内に最初から最後までアイデアを取り入れる能力だったと思います。私たちは機会を認識し、それを活用して納入しました」
-- Sharon Frazier氏、イノベーション・バイスプレジデント

現在、それぞれに独立した開発・テスト・QA・本番環境をサポートする、40ノードを持つ単一のクラスタがあります。彼らは20の環境を実行し、1,000のコンテナによってサポートされる300以上のサービスを実行しています。

それよりも印象的なのは -- 彼らは素早く動いています。Don氏とSharon氏がDockerConのプレゼンテーションで説明したように、Franklin American社のDevOpsチームは2017年11月17日以来、1万回以上のデプロイを達成しています(1日に平均200回以上)。

Sharon氏はDockerConで「アメリカの企業で『スタートアップ』を実行することは、世界で最高の仕事です」と話しています。Dockerを利用するイノベーションチームの憲章は、10年後に会社の関連性と競争力を保っていることを確認することも含みます。

Franklin American社の話の詳細については、DockerCon 2018セッションをご覧ください:

[Franklin American社が#Docker
EEで競争力を保つことを裏付ける方法をご覧ください]{.underline}

DockerConサンフランシスコの基調講演を見る:

事前登録:

もっと詳しく:

CL LAB Mail Magazine

CL LABの情報を逃さずチェックしよう!

メールアドレスを登録すると記事が投稿されるとメールで通知します。

メールアドレス: 登録

※登録後メールに記載しているリンクをクリックして認証してください。

Related post

Docker社公認トレーニングコース