fbpx

CL LAB

HOME > CL LAB > Docker Desktop Enterpriseのアプリテンプレ機能でアプリデリバリを加速しよう #docker

Docker Desktop Enterpriseのアプリテンプレ機能でアプリデリバリを加速しよう #docker

 ★ 10

この度正式公開されたDocker Enterprise 3.0は、DockerコンテナやKubernetesの世界においてモダンなアプリケーションの構築・デリバリをより簡単・より高速にする開発者向けのさまざまな新機能を含んでいます。Docker Desktop Enterpriseに含まれている新機能の1つが、アプリケーションテンプレートインターフェイスです。

アプリケーションテンプレートによって開発者は、定義済みのライブラリや組織が承認したアプリケーションとサービステンプレートを使うことで、Dockerコマンドの事前知識なしでモダンなアプリケーションを構築することができます。モダンなコンテナベースのアプリケーションを開発するための再利用可能な「枠組み」を提供することで、アプリケーションテンプレートは開発者のコンテナ利用を加速し、開発者の生産性を向上します。

アプリケーションテンプレート自体は、新しいアプリケーションを開発するのに必要な、多くのさまざまなコンポーネントを含みます。これはDockerfile、カスタムベースイメージ、一般的なComposeサービスYAML、アプリケーションパラメータ(外部ポートと上流イメージのバージョン)を含んでいます。定型コードやコードエディタの設定も含んでいます。

アプリケーションテンプレートによって、開発リーダー、アプリケーション設計者、セキュリティチーム、運用チームは、会社の標準に適したアプリケーションやサービステンプレートのカスタマイズと共有が可能となります。開発者としては、承認済みのテンプレートから始めると、時間を浪費する設定手順や間違えやすい手動手順を抹消できることを理解していただけるでしょう。その代わりにカスタマイズや実験を行う時間を得られるので、革新的なアプリのデリバリに集中することができます。

アプリケーションテンプレートの実際: 簡単なデモ

アプリをコンテナ化するための最も簡単で最も早い方法

これまでDockerコンテナを実行したことがなかったとしても、Docker Desktop Enterpriseが含むGUIベースの新しいアプリケーションデザイナを使えば、簡単にアプリケーションテンプレートを閲覧・選択し、マシン内で実行し、コーディングを開始することができます。また、docker templateというCLIインターフェイスもあります(ただし、現在はexperimentalモードでのみ有効です)。これはGUIと同じ機能を提供するので、コマンドラインがお好みならこちらを使うとよいでしょう。

アプリケーションテンプレートは、水面下でDocker Applicationを作成しています。これはCloud Native Application Bundle仕様に基づいた新しいパッケージフォーマットです。Docker Applicationはコンテナ用イメージ、設定、パラメータすべてを簡単にひとまとめにしたもので、Docker HubやDocker Trusted Registry (DTR)で共有できるようにします。

Docker Desktop EnterpriseはDocker Hubの公式イメージに基づいた共通テンプレートのライブラリをあらかじめ読み込んでいて、さらにあなたの組織の仕様向けにカスタマイズしたテンプレートを作成・使用することもできます。

開発者がテンプレートを選択しローカルに枠組みを作成した後、ソースコードをローカルコンテナ内にマウントし、コード作成とテストのサイクルを高速に回すことができます。コンテナは開発者のマシン内で起動しているので、コードへのあらゆる変更は実行中のアプリケーションで即座に見えるようになります。

アプリケーションテンプレートを同梱するDocker Desktop Enterpriseは正式公開済みです!すぐに始めるにはDocker社にお問い合わせください。

もっとお知りになりたい方は:


原文: Accelerate Application Delivery with Application Templates in Docker Desktop Enterprise

New call-to-action

CL LAB Mail Magazine

CL LABの情報を逃さずチェックしよう!

メールアドレスを登録すると記事が投稿されるとメールで通知します。

メールアドレス: 登録

※登録後メールに記載しているリンクをクリックして認証してください。

Related post