fbpx

CL LAB

HOME > CL LAB > 2022年2月12日「Elastic Community Conference」に弊社リードエンジニアの渡辺が登壇します #Elastic #ElasticCC

2022年2月12日「Elastic Community Conference」に弊社リードエンジニアの渡辺が登壇します #Elastic #ElasticCC

 ★ 0

2022年2月12日 Elastic社主催 「Elastic Community Conference」に弊社リードエンジニアの渡辺が登壇します。

◆弊社渡辺のセッション概要

タイトル: コストを正確に把握する仕組みの開発を通じて学んだこと ~コスト見える君~

 
登壇日時  2022年2月12日(土) 11:15 ~ 11:27
会  場  オンライン
参加方法 Elastic Cloud、Google、Microsoftのいずれかのアカウントでサインアップします。参加お申込みは こちらから

最近、私の所属するチームのリーダが各クラウドサービス費用を正確に把握しきれていないことが分かりました。
弊社はアプリケーション開発を通じてお客様に貢献している部門もあり、場合によっては検証のためのクラウドリソースを自前で準備する時があります。このため、お客様にあったクラウド事業者を選択する必要があり、結果的にトラックしなければいけないリソースが増えて管理が煩雑になり、コストを把握しきれないという問題がありました。
まだ、道半ばではありますが、コストの使用状況を正確に把握するために簡単なアプリケーションを開発し、コスト削減に成功しました。
セッションでは、その仕組みと問題解決を通じて学んだことをみなさまに共有できればと思います。
詳細はこちらから

〔登壇者:渡辺 裕〕
クリエーションラインでは主にリードエンジニアの役割として、各種プロジェクトに参加しています。 最近では、監査ログを蓄積するためのプラットフォームを elastic を活用し、そのデプロイメントをリードしました。その他、MLOps を支えるインフラやアプリケーションの開発にも携わっています。

◆Community Conferenceの概要

開催日:2022年2月11日~12日

第2回となるElastic Community Conference(ElasticCC)が開催されます。
ElasticCCは、コミュニティによるコミュニティのための無料の技術カンファレンスです。開発者、実践者、実験者、初心者ユーザー、顧客、パートナーなど、どなたでも参加できます。
参加して、成功談、学んだ教訓、ヒント、コツ、ベストプラクティス、あるいは面白い逸話を聞いてください。スピーカーや参加者とディスカッションしましょう。ぜひあなたの声をお聞かせください。
2022年Elasticコントリビュータープログラムの各地域の受賞者の発表もお見逃しなく。
公式サイトより引用・翻訳)

イベンド参加のお申込みは こちらから

CL LAB Mail Magazine

CL LABの情報を逃さずチェックしよう!

メールアドレスを登録すると記事が投稿されるとメールで通知します。

メールアドレス: 登録

※登録後メールに記載しているリンクをクリックして認証してください。

Related post

新規CTA