CL LAB

HOME > CL LAB > Docker > [開催レポート] Docker Official Workshop #docker

[開催レポート] Docker Official Workshop #docker

 ★ 14

この記事は1年以上前に投稿されました。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

2017年7月24日にDocker Official Workshopを開催いたしました。
開催概要はこちら

今回、日本マイクロソフト様にご共催いただき、品川の日本マイクロソフト様オフィスにて実施いたしました。
日本マイクロソフト様、ありがとうございました!

講師はDocker社のDavid Yuさん。
ダイエットコーラとトンカツが大好きないけているエンジニアです^^
(トンカツトンキはサイコーだ!となんども言ってましたw)

今回、厳選なる抽選の結果20名の方にご参加いただきました。
スケジュールどおり15時にワークショップ開始。

最初の40分は、弊社鈴木逸平によるDocker概説と最新事例、MTA(Modernize Traditional Applications)などについて解説。
もともとは、ここもDavidさんが話す予定だったのですが、事前の打ち合わせで通訳をいれると時間的に厳しいということもあり、鈴木逸平が直接話をすることになりました。

↑事前のミーティングの様子

その後休憩を挟んで、実際にAzure上にDocker環境を構築するワークショップがスタート。
Docker Swarmを使ってマルチOS(Linux/Windows)アプリケーションをデプロイするハンズオンををstep-by-stepで体験してもらいました。
途中、Davidさんと弊社メンバーがフォローしながらほぼ全ての方々が最後まで完走!(素晴らしい!)

その後は、Retro with beer!ということで、部屋を移動してみんなで寿司&ビールで振り返りを実施しました。
Docker社のErik Baardse氏の要望により寿司になりました^^

Erik Baardseさん。APACセールス担当。

振り返りは、Pivotalさんの振り返り方式を今回使わせていただきましたm(_ _)m
(感謝 for Pivotal 市村さん)

😄良かった点 😐普通(質問など) 😣悪かった点(要望など)
の3つをみなさんに好きなように書いていただき、それぞれの意見に同意するものがあれば、+1をしていくという感じです。

みなさん、お酒も入ったこともあり色々な意見をいただきました。
非常に参考になるご意見、フィードバックが多く、Docker社も大変喜んでいました。


良かった点&右側はDavidさんによるDockerEEのメリット解説(k8sとの違いについても口頭で説明)


質問&悪かった点(要望など)

最後は、みんなでじゃんけん大会&写真撮影。

おめでとうございます!

写真の左端に写っているのは、今回のイベントに色々とご協力していただいた日本マイクロソフトの内藤さん。
内藤さん、ありがとうございましたm(_ )m
また今回事前の会場の調整など同じく日本マイクロソフトの平岡さんにもお世話になりました。
平岡さん、ありがとうございましたm(
_)m

CL LAB Mail Magazine

CL LABの情報を逃さずチェックしよう!

メールアドレスを登録すると記事が投稿されるとメールで通知します。

メールアドレス: 登録

※登録後メールに記載しているリンクをクリックして認証してください。

Related post

Docker社公認トレーニングコース